top of page

矢吹光太郎(代表取締役)


ーなぜ薬剤師になろうと思われたのでしょうか?

矢吹「正直に申し上げますと、最初は医師を志していました。1度目の大学受験で失敗してしまったのですが、浪人中に薬剤師になるという選択肢を考え始めました。

医薬分業がすすむ中で、薬剤師はこれまで以上に存在感を発揮すべきである考えたのです。多くの患者さんのお役に立つという点では、医者も薬剤師も変わりありません。」

ー矢吹さんは、大学を卒業されてMR(製薬会社医薬情報担当者)になられたのですよね?

矢吹「MRは直接医療を提供する仕事ではないので、薬剤師資格を持つ方は敬遠しがちです。一方で担当領域の薬剤の知識では、薬剤師よりも深く勉強できますし、オピニオンリーダーの医師と意見交換し、医師の処方を通じて患者さんのお役に立つことができます。学術知識を深めて医療に貢献する仕事は非常にやりがいがありましたが、経験を積むにつれて直接患者さんのお役に立ちたいという思いが強くなり薬剤師として医療にかかわることを決めました。」

ーそこで、パートナーの藤田さんにお声がけされたのですね?

矢吹「そうですね。彼とは大学時代から医療の未来についてよく語り会いました。理想とする薬剤師像がよく似ていました。私たちには薬局を患者さんから一番に頼られる存在にしたいという共通のビジョンがありました。」

ーまごころブランドとはどういったことでしょうか?

矢吹「患者さんには、薬だけではなく健康と元気を提供したいと考えています。スタッフ全員で患者さんに親身になって耳を傾け、口には出ない心の声も感じ取り、一人ひとりに寄り添った医療を提供するということです。」

ー今後どのような方と一緒にはたらきたいですか?

矢吹「常に変化することを恐れないこころを持った方ですね。わたしたちはまだベンチャーですので、いくらでも改善できる点・成長できる点があります。とてもフラットなチームなので積極的に新しい仕事を創っていってほしいですね。日々の仕事をただの作業と捉えている方とは、一緒にはたらくことが難しいと思います。完璧を求めているわけではありませんので、失敗を恐れずに取り組んでほしいと考えています。成長意欲が高く・素直で謙虚なこころを持った方をお待ちしています。」


Opmerkingen


特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page